ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鹿モツ煮込み絶品!

f0207325_1450588.jpg
珍しい鹿の内蔵を送っていただいた。吐渓が風邪なので体が温まるものを、と思い、モツ煮に。鹿のレバーとハツ(心臓)、それに鹿の細切れ肉、コンニャク、ゴボウ、大根、生姜を入れて味噌仕立て。最初に酒だけで肉類に火を通してから煮込んだせいか、とても柔らかくて臭みもない。はあ~、鹿モツってこんなにおいしかったんだ。特に絶品だったのが、首の筋。白くて10センチほどの白い腱だが、噛んでいるとコリコリとしてジワジワと旨味が出てくる。絶品の酒の肴だ。初めて食べた首の筋、あまりにおいしくて感激した。いろんな食材があるものだ。
モツ煮といえば、その昔、釣りの帰りに寄った山形県の小林温泉の地鶏のモツ煮込みにも驚嘆したが、やはり、普通に地べたで走っている獣は滋味深い。
f0207325_14484710.jpg
このところ毎日のように各地のおいしいものが到来。いかにおいしく食べるか、が思案のしどころ。味付けや調理方法ももちろんだが、一度に食べきれないので塩で熟成させたりみそ漬けにしたり、野菜は漬け物など、保存法にもひと工夫。手間はかけるだけおいしくなる。もちろんかけないほうがおいしい場合だってあるが。
最後までおいしくいただくことがいただいた者の使命。さて、鹿のロース、これはもう絶対にルイベでしょう、ということで冷凍庫に。ニンニク醤油で食べたら絶品。こいつをいつ食べるか、思案ながらつい、ニンマリ。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-12-14 14:51 | Comments(0)