ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

舌平目の煮付けはおいしい!

f0207325_10223918.jpg
日本海の海産物をいただいた。北海道育ちの私にとって、ハモと舌平目はなじみがない。昔、食べ物のエッセイを読んで、どうしても食べてみたくなり、魚屋で舌平目を買ってきてムニエルを作ったことがあったが、処理の仕方が悪かったのか臭みがあってまずかった。ハモに至っては、料理屋さんでほんの一口、味わう間もなく胃に消えた記憶しかない。
さて、どう料理したものか。

ハモは湯引きと切り身の2種類。湯引きの半分はオーソドックスに、パックに入っていた酢みそでいただき、半分は天ぷらで。切り身は土鍋で煮付けた。味付けはみりんと醤油だけ。
なるほど、ハモというのはとても淡泊な魚だから、どう味付けをするかがキモの繊細な食べ物だということがわかった。湯引きには梅肉だれが定番だそうだが、なるほど、夏の風物詩にふさわしい。
f0207325_10221472.jpg

初めて料理したハモはとてもおいしかった。けれど、それ以上に感動したのが舌平目。贈ってくださった方のお勧め通り、煮付けてみた。
一口食べて、故郷のカレイの味を思い出した。311以来、太平洋のカレイやヒラメなど底物魚は食べていなかったから、本当に久しぶりの懐かしい味にホロリときた。子供の頃、叔父が海で釣ってきてくれたカレイはとびきりおいしかったものだ。豊かな海が汚染されてしまった。本当に人間は愚かだなあ。そのうちに天罰が下されるだろう。

実家に電話をすると、留守番をしていた父が意味不明の被害妄想的戯言を延々と話す。それは勘違いだと言っても聞く耳を持たず、元もと頑固というか執着が強い性格だが、加齢によるボケのせいでますます意固地になっている。それは父親似の私にも思い当たる個性なので、そこに至った苦悩がわかるすぎるくらいわかってしまって、自分の将来が不安になるのである。人に疎まれないように気をつけなければ。いやはや、一緒に暮らす母の気苦労はいかほどか。
翌日、母にねぎらいの電話を掛けると、気丈な母は「まだ大丈夫」とのこと。「ギブアップしてもいいんだよ、あとはなんとかするから」と言ってみたが、お互い、解決策がないとわかっているだけに、むなしい。誰かが耐えるしかないのである。
それでも父のいいところはいっぱいあるし、とても慈しんで育ててくれたので、出来るだけのことはしたい。でも、現実には離れて暮らしているので親不孝だよね。秋になったら帰ってみよう。
土日はバイトで高齢者の方のお世話をしている。仕事だからどんな状況でも気楽に耐えられるが、自分の親が相手だと、ケンカしちゃうかもね。
[PR]
by 4433yoshimi | 2013-08-28 10:24