ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

沼田の味噌をあけました

f0207325_17202449.jpg

昨日は、渓のウワバミガールズ会員ナンバー1のみゆきちゃんと、そのご主人のつよし君が私を沼田に連れていってくれた。昨年仕込んだ味噌を開けるのが目的。
ふたりに会ってから、もう15年近くなるのかな。さる渓流教室に参加した時に一緒になった。ふたりともそれ以来、吐渓と私ともども仲良くしてくれている。一緒に行った渓も数多い。渓で同じ釜の飯を食べた仲間とは、格別の思いがあるのである。体力、精神のギリギリまで頑張って助け合い、時には命を預けることも。
みゆきちゃんは、吐渓がいなくなったと知ると、「一緒に飲みましょ」とすぐにかけつけてくれた。

味噌は、はっきり言って、北海道の実家で仕込んだもののほうがおいしかった。ちょっと塩分が強い、。同じように作ったつもりだけど、不思議だなあ。仕込んだ2つの樽を開け、保存容器に小分けにした。みゆきちゃんは洗い物を引き受けてくれて、とても私は助かったのだった。みゆきちゃん、ありがとう。
昼頃には作業を終えて、沼田のインターへ向かう途中の焼き肉屋で昼焼き肉宴会をした。つよしくんは吐渓と同じミルキーボーイズで、アイスでつきあってくれたよ。
私とみゆきちゃんは、生ビールからワイン1本空けた。しみじみ、感慨深かった。ありがたかった。
[PR]
by 4433yoshimi | 2015-02-20 17:20 | Comments(0)