ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

辻村さんと魚野川、再び。

f0207325_13371693.jpg
7月6日に亡くなった釣友・辻村努さんの散骨をするため、8月11日の午後、車で東京を出発した。車を出してくれたのは、三面川の小屋で我々と会って以来、辻村さんの舎弟となった四ノ原卓郎さんだ。高円寺駅で竹村しげるさんをピックアップし、関越自動車道を走って石打で降り、新潟の十日町で辻村さんともよく遊んでいただいた滝沢貞夫さんと夕食をご一緒した。そこに仙台から駆けつけてくれた森辰雄さんと彼の後輩である虻川さんと桑原さんの3名が合流。腹ごしらえをして滝沢さんに見送られ、一同、魚野川の車止めである秋山郷・切明に向かった。その日の天気はまずまずだったが、翌日以降は雨がちの天気とのことで、増水が心配だったが、まあ、手練れのメンバーなのでどうとでもなるだろうと不安は感じない。
やがて東京からの後続組、佐々木さんと木村さんも到着。仮眠後、総勢、8名での出発となった。

雨は降らないまでも、空は雲におおわれ、歩くにはいいけれど、先行きが少し心配な気配だ。魚野川本流に降り立つまでの歩きは3時間ちょっとだろうか。体調を崩して入院し、退院してからはまだ1週間という病み上がりの森さんがかなり遅れている。天気も心配なので、無理せず、本流に降り立った地点をテンバにすることにした。今回は釣りが目的ではない。あくまでも辻村さんを弔うためだから、誰もが余裕のあるスケジュールにしたい。釣りがしたくてたまらない様子の竹村さんと木村さん、佐々木さんに林道途中から本流に降りてもらうことにした。なんとかおかず分くらいは釣ってきてくれるだろうと思ったのだが……。
f0207325_13375334.jpg

テンバに到着すると、テンバのセッティングをする者、釣りに行く者、それぞれの役割に応じて散る。私は今回はテンバキーパーに徹することにしていたので、フライシートをかけたり、焚き火の準備をしたり、辻村さんの遺骨にローソクと線香を添えたりと、ゆるゆると作業する。かって知ったる渓の生活の始まりだ。一段落つくと、森さんはトンビマイタケ探しに、私はフキやミズを採りに散策に出かけた、ひとりでブナの林の中を歩くのはとても気持ちがいい。いろいろなことを自問自答したり、山の神に祈ったり、風を、空気を楽しんだり、自然に時が流れていく。

f0207325_13382474.jpgその夜は林道の途中でいただいてきたチタケで混ぜご飯を作ったり、森さんの好物のイワナカツサンドやイワナの柳川風、持ち込んだベーコンを焚き火で焼いたりして酒を飲み、ご飯を食べた。ちなみに、米を炊くビリー缶は今回、私から四ノ原さんに引き継ぐことにしたので、米の炊き方をきっちり指導。火を弱めたり止めたりするタイミングを目や鼻で計るやり方を伝えた。15年、炊き続けてきたのだからそれなりのカンはあるけれど、案外、単純だったりもするので、きっと上手に炊けるようになるだろう。

明け方、寝袋の中に半分体を入れたまま起きて外を見ていたら、1日遅れで合流する川越渓美隊の高橋信博さん、馬庭隆さん、そして最近、渓でピックアップしたという新人さんの3名が朝の逆光の光の中、川の中をじゃぶじゃぶこちらに向かってくるのが見えた。高橋さんとは昔はよくご一緒したものだが、久しぶりの同行だ。今回、散骨のほかに、彼のイワナ寿司を食べるのもひとつの楽しみだった。昔、寿司屋でバイトしていたという彼の作る鮨は、本当に本職にも負けないおいしさなのである。ほかのメンバーも起き出して、それぞれ再会を喜び合った。

f0207325_13391385.jpg辻村さんの弔いは、川に散骨をするとダムに流れていってしまうだろうとのことで、目印になる木の根本に埋めることにした。魚野川を遡行する人は誰もが通る、前には穏やかな流れ、背後には樹林帯と、絶好のロケーションだ。森さんが石を組み、四ノ原さんが形のいい石を河原から探し出してきて建て、順番に線香を上げたのだった。辻村くん、よかったね。大好きだったこの川に、ずっとずっといられるんだよ。心の中に辻村さんの笑顔が広がり、あたたかい気持ちになったのだった。

木村さんと佐々木さんはその日の昼に下山し、残りのメンバーで2日目の弔い宴会となった。釣果は少なかったとはいえ、高橋さんのイワキューの巻物もいただけたし、スパゲティのトマトソール和えや高野豆腐の煮物、イワナ汁など、豊かな宴に辻村さんもご機嫌だったに違いない。

下山日は、まるで辻村さんが名残を惜しむような涙雨だった。しとしと降り続き、「ねえ、もうひと晩、泊まっていけばぁ?」と言う彼の声が聞こえるようだった。
朝ご飯を食べて出発。後ろ髪を引かれながら帰路についた私たちだった。

辻村くんとは、知り合ってから一緒にいた時間のほとんどは渓の中だった。渓の中の付き合いは、渓の仲間にしかわからない。一緒に吸った空気、体を浸した水の冷たさ、雨の日のタープの下でのやるせなさ、爆釣の渓での笑うしかない楽しさ、どの瞬間もみんな輝いていた。ありがとう。渓に抱かれた私たちは本当に幸せでした。
f0207325_13394753.jpg

[PR]
Commented at 2015-08-19 07:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4433yoshimi at 2015-08-19 08:42
こちらこそ楽しかったです。9月の早出川、テンバは広いところにすることにしたので、日程が合えばご参加ください。森さんと打ち合わせください。
Commented at 2015-08-19 20:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 4433yoshimi at 2015-08-20 09:11
メルアドなど連絡先、非公開で送ってください。もしくはfacebookやっていらっしゃったら「吉田よしみ」で検索していただければ出てきますのでそちらのメッセージでも大丈夫です。
Commented at 2015-08-22 11:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by 4433yoshimi | 2015-08-18 13:40 | Comments(5)