ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

関西漂流

3月15日、兵庫県明石市在住の従姉から「危なくなったら明石においでよ」とメールがあり、その夜には吐渓とふたり、新神戸駅に新幹線から降り立っていた。ちょうど仕事が暇だったので、東京で余震におびえているより、しばらく会っていない従姉と叔母に会ういい機会だと思ったのだ。駅から従姉が運転する車で彼女が手配してくれた明石駅近くのビジネスホテルへ。
「きったないホテルやけど、ふたりで8,000円、安いやろ。ほんまに汚いから寝るだけやで」
と言っていたので覚悟していたが、現状は予想をはるかに超えていた。部屋のあちこち、布団の上にまで髪の毛は落ちているし、部屋といえばビルの一室に壁紙を張って薄いカーペットを敷いただけの、急ごしらえの安アパートといった感じ。それでも余震続く東京を離れ、久しぶりに熟睡できたのであった。

翌日は、携帯で検索して予約した神戸元町近くの東急系ホテルへ。どんなホテルだろうと初日よりはましだろうと思ったのだが、高級感あるれる落ち着いた実にいいホテルだった。しかも、ふたりで6,500円。なぜこんなに安いのか不思議だったが、週末は18,000円とのこと。とりあえず金曜までそこに泊まり、土曜日は三宮のホテル1泊7,000円を予約。いやはや、これで6月に予定していた空手観戦をかねた関西旅行は行けなくなってしまったなあと思いながらも、仕方ないねと気持ちに折り合いを付けた。
f0207325_15564034.jpgホテルにチェックインして夕方、叔母がひとり住むマンションへ。従姉夫婦と共にすき焼きをご馳走になった。以前、焼き肉屋を経営していたのでいい肉のルートがあるらしく、この叔母の仕入れる神戸牛は実においしい。その日もたっぷりふるまわれ、吐渓が相好を崩す。それでもいつもより量がひかえめだったのは、まだサバイバル状況下のスイッチが入っていたからだと本人は言うが、遠慮していたのかも。
ホテルに戻ると、ロビー脇のインターネットを繋げられるブースで、若いファミリーのお父さんが首っ引きで情報収集しており、傍らの赤ん坊を抱いた奥さんと、もっと西へ行くべきかどうか検討していた。その真剣な面持ちに、こちらまで緊張感が増してしまうのだった。その光景は、連日、朝となく昼となく夜となく、様々な家族達によって繰り返されることとなる。家族を守るため、幼子を守るためのその闘いぶりに、こちらの胸まで熱くなった。
21日に帰宅するまで、六甲山をケーブルで登って登山道・アイスロード(その昔、山の氷を運び出していたルート)で下ったり、神戸の中華街や港、明石城、明石の魚の棚(魚市場)を見物したりして過ごした。
f0207325_15573123.jpg
食事はほとんどはホテル近くの金時食堂。台の上に並んでいる煮物や揚げ物などの小鉢や小皿をとってきてご飯のおかずや酒のあてにするのだが、これが安くておいしくて、本当に重宝な店だった。特に、出汁入りの卵料理と粕汁のおいしさときたら、東京では絶対に味わえない種類のおいしさなのだ。f0207325_1559129.jpg
出色だったのは、従姉と叔母に連れられていった明石焼きの老舗「松竹」。これまで明石焼きとは、出汁で食べるふわふわの卵焼きだと思っていた。けれど、この店の生地は卵の分量と粉の分量の配合が絶妙で、粉の味わいがとろりとして深く、これまで食べた明石焼きとは別物だった。いやはや、さすがは元祖、3代目のご主人の、いかにも職人といった寡黙な風体が好もしかった。f0207325_15581739.jpgお好み焼きや焼きそばも、地元の人しか行かない古くて今にも倒れそうなバラック風の店に食べに連れていってもらったのだが、大阪とは違う素朴さに驚いた。中に入っている具を味わうのではなく、本当に粉の味を味わうための少量の具であり、焼きであり、ソースなのだった。
魚の棚では、毎年、従姉から送られてくる手作りのクギ煮の材料であるイカナゴの生を初めて目撃。小さいのから大きいのまで、その日に採られたイカナゴが山盛り1キロで400~500円ほど。従姉は10キロほど炊くという。形を崩さぬようにじっくり火を通すのは、かなりの労力だろうと頭が下がる。住宅街を歩くと、そこかしこからイカナゴを炊く甘じょっぱい煮魚のにおいが漂ってくる。においで感じる季節の風物詩なのだった。
f0207325_1601350.jpg
帰京前夜の20日は、新幹線が止まる西明石駅近くの叔母宅に泊まらせてもらった。ネギ卵焼きやイカ大根煮、キムチ鍋など、久しぶりに食べる家のご飯に、胃も心もホッと落ち着いた。
「ずっとおばちゃんとこで泊まったらよかったのに。いつでも遊びにきたらええよ」
母の妹で、子供の頃は我が家で暮らしていた叔母のあたたかい言葉に、しんみり。神戸の震災で被害を受けた叔母や従姉ならではの優しさや心配りが身に染みた旅だった。

東京に戻っても、まだ福島原発の危機的状況は回避されてはいなかった。もう3月も終わるというのに収束の報を聞けないでいる。ホテルで見たあの親子達は、今頃、どこをさまよっているのだろう。
[PR]
by 4433yoshimi | 2011-03-27 16:05 | Comments(0)

2時間半歩いて帰宅

半蔵門で仕事中、地震発生。ビルの1階だったので、外に出たものの、戻っては揺れてまた外に出て、を繰り返し、なんとか収まった5時に、歩きを覚悟で出発。途中の四谷でJRが動けばいいなあと甘い期待をしていたのだが、動いているはずもなく、結局、新宿通りで新宿、青梅街道で高円寺方面へと歩き、帰宅した。家に着いたのは7時半。その間、携帯がいっさいつながらず、吐渓の状況も不明。心配して帰ってみれば、車がない! こんな時にどこへ? 新中野から30分ほど走ったので汗だくになったのでシャワーを浴びてビールを飲みながら、歩いている途中、トイレを借りるために入ったドトールで買ったパンを食べる。テレビやメールで情報収集しているうちに吐渓、帰宅。
ちょうど地震時に来ていた整体の患者さんを家まで送ってきたとのこと。高田馬場まで往復5時間かかったそうな。歩いた方が早かったね。

福島では原発近くの住民の避難が始まった。もしかするとメルトダウンか。そうなったら食料、水を確保して数日、籠城するしかないだろうなあ。
仙台の森辰雄さんと連絡がつかない。多数の被害が出ている区域にお住まいだけに心配だ。
ひとり暮らしの友人に電話をしたら、本棚が倒れたとのこと。通路は確保したそうなので助っ人に行かなくても大丈夫とのことで安心する。
仕事で取手に行っている空手の仲間が、柏に向かって歩いているとのメールが来たので、泊まれるところを見つけて泊まったほうがいいよとPCから返信する。どうやら携帯の返信は着信していないようだ。PCからなら届いている様子。
今、何ができるのか、一生懸命考えながら焼酎を飲んでいる。

みなさん、大丈夫ですか。
[PR]
by 4433yoshimi | 2011-03-11 23:25 | Comments(4)
f0207325_23533937.jpg

外での仕事が午前中で終わり、吐渓が駅まで車で迎えに来てくれた。
「昼ご飯、どうしようか」
外食にしようかとも思ったが、空腹を我慢してスーパーマーケットへ。こんな時は、手間がかからない食材に限る。国産牛のステーキが安かったので、外食することを考えたらちょいと贅沢するのもいいかとカゴに入れた。そして、数メートル進んだところで豚ロースの厚切りステーキ用に遭遇。吐渓に、どちらがいいかと尋ねると、予想通り豚。何しろおいしそうだし牛より安いしで、こちらに決定。いそいそと帰宅した。
豚はシンプルに塩コショー、仕上げに醤油をひと回して絡めてお皿に。あとは野菜サラダと作り置きのスープ、冷凍玄米ご飯。さて、豚の味は?
f0207325_23535797.jpg

「ああ、おいしい!」
ひと口食べてポロリ。思わず頬がゆるむ。
「やっぱり一番旨い肉は豚だよな」
と、脂身の多い端っこに満足げな吐渓。先週、購入したローカロリーのニンジンドレッシングも美味。外食しないで良かった、と心底思うのだけれど、くたびれはてていると、そうもいかない。外食にするか、うちご飯にするか、体力と気力と経済・栄養状況によって決めるのは私。楽ちんな外食か、おいしいうちご飯か、いつも迷いながら揺れ動きながらご飯のことばかり考えている毎日なのだった。

吐渓が福岡に行っているので、たまには友人と酒でも飲もうと電話をしたら、北陸にある実家に帰省していた。春一番が吹いた日に、お父様が亡くなったそうな。98歳の大往生。数度、お目にかかったことがある。とても愛情の細やかな知性の人だった。慎んで合掌。残されたお母様のことが気がかりだが、病み上がりの友人の体力も心配。いくら長生きをしたとて、やがては死を迎えるのだなあと、当たり前のことが胸に迫った。
f0207325_2354173.jpg

今日は仕事も空手もジムもお休み。疲れているので終日自宅でたまった洗濯をしたり掃除をした後はゴロゴロしている。お腹がすいたら簡単な肴を作って飲み食べし、本を読んだりテレビを見たり、実家に電話したり従姉にメールしてみたり。昔は自分で自分をもてあますことが多く、なんにもすることがないと焦燥感にかられていたものだ。年と共に、鈍感になっていくのもいいものだなあと思う。
[PR]
by 4433yoshimi | 2011-03-04 23:57 | Comments(0)