ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宮崎県の完熟マンゴーをいただいた。マンゴーは吐渓の大好物。以前いただいた国産マンゴーはとてもおいしかったけれど、とても手が出る値段ではないのでうちで買うのはもっぱらメキシコ産。久しぶりの宮崎マンゴー。見るからにおいしそうで、胸が高鳴ったりして。
f0207325_13155490.jpg

デザートはマンゴーなので、おかずがそれに負けてはならじと思ったせいか、かなりのボリュームになってしまった。豚かと思えば思わず「オッ?」のイカかつ煮、さすが揚げ物、早々に満腹感。おかげで、いかにもアンコだけれどほとんど甘味がなくて「エッ?」の小豆煮までは届かなかった。もちろんマンゴーはおいしくいただいた。私はほんの数切れで満足。本日のご飯も幸せの食卓だった。

食べながら、吐渓とプロテイン談義をする。食事だけでは摂れないものを手軽に補えるのはいいけれど、添加物や組合せによる危険性や肝臓への負担があるので、自分の体に合ったものを選ぶのは案外むずかしいらしい。
今月、アラスカから来ていた犬ぞりレーサーのユカちゃんの腕の筋肉は、ものすごい上物だった。しかし彼女の食事は、ほとんどが教会で無料で配給される豆スープ缶詰とのこと。不思議だと吐渓に言ったら「あいつは10年以上も毎日、力仕事してるんだから当たり前だよ」とのこと。
そういえば源流でも、肉体労働に従事されている方は荷物は背負えるし遡行も達者なことが多い。普段の生活が大事だってことなんだろう。

f0207325_13141058.jpg来月は1週間ほど友人とソウルに滞在する。胃ガンの手術から1年半経過した従姉から、韓国で黒ニンニクを1年分買ってきてほしいとメールがあった。同行する友人も病気を抱えており、漢方市場で体にいいものをいっぱい仕入れてくると意気込んでいる。熟年・老年は漢方に走るんだ。みんな何かにすがりたいんだね。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-05-31 13:18 | Comments(2)
f0207325_1430127.jpg
今年もまた犬ぞりマッシャーのユカちゃんがやってきた。昨年、カナダの市民権が取れたので、以降はカナダで仕事をしているが、それまでは日本で魚市場、学習塾、ネットカフェなどいくつものバイトを掛け持ちして資金を貯め、自力で犬ぞり修行&レースを続けてきたタフガールである。数年前には我が家でオーストラリアのトマトピッキングでけっこう稼いできた若者と出会うや、翌週にはオーストラリアへ。結局ビザがないので安く叩かれたものの、日本での稼ぎと同じくらいにはなったそうな。

相変わらず犬のエサ運びやチェンソーの労働で筋骨隆々のガチムチ系。おまけに坊主頭で、女子トイレに入るとジロジロ見られるというのも納得。聞けば、乳ガンの放射線治療で髪の毛が抜けた友人を励まそうと、数人の女子が一緒に丸坊主になったのだとか。いやはや、カナダ女子、すごいぞ。
通常は我が家に1週間近く逗留するのだが、今年、世界で一番過酷な犬ぞりレース、ユーコンクエストで日本人女性初完走を遂げたので、各社からのインタビューをこなすため、後援者の事務所に寝泊まりすると昨日、重いリュックを背負って出ていった。
彼女の後ろ姿を見送るたびに、カナダでの金銭的にも肉体的にもきつい暮らしを思って胸が熱くなる。夢を追っているのでなければとても耐えられないだろう。現在育てている子犬たちが立派な成犬になる再来年あたり、優勝を狙うとのこと。
がんばれ、ユカ!
f0207325_14304076.jpg
ユカちゃんが置いていった、彼女の帰国パーティーでもらってきた花束。シャクヤクの大きな花が暑苦しいくらいに見事に咲いている。玄関の下駄箱の上に飾った。壁に掛けてあるサイン入り写真のB.B.キングがよく似合うこと。明るさ、派手さ、一点の曇りなし。
ところが翌日、まだ瑞々しい花びらがごっそりと抜け落ちた。シャクヤクの花って、ちょっといさぎよすぎないかい。心の準備もなく散ってしまったのだった。

今夜は空手の稽古に行き、先週の三社祭の動画をいただく予定だ。私も演武に参加したので楽しみ。春をゆっくり楽しむ間もなく、季節が移り変わっていく。

※ユカちゃんの本「うちのわんこは世界一」が地平線会議より5月25日発売に。ネット注文の詳細は以下のURLを参照ください。
http://www.chiheisen.net/
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-05-24 14:31 | Comments(4)
f0207325_1532657.jpg
毎週土曜日にジムへ通っているが、先週は、ピラティスだったクラスがヨガに変更になり、2回目のレッスン。教えてくださる先生が同じ方なので、似たようなものだろうと高をくくっていたが、いやはや、なんじゃこりゃの世界だった。あり得ない角度に体を曲げたあげく、そこからさらにひねりを加え、「はい、あと5センチ手を引っ張りましょう」って、鏡を確認しなきゃ自分自身の体がどうなっているのか検討つかないってあり得ませんから。その時はそれでも頑張って伸ばしたり引っ張ったりひねったり踏ん張ってバランスを取ったりしていたのだけれど……。
翌日、これまで経験したことのなかった筋肉痛に。脇から背中にかけて両サイド、体を動かすと激痛。しんどいので寝ていても、寝返りすらままならない。いやはや、恐るべし、ヨガ! 筋肉痛に加え、なぜか全身に乳酸がたまりまくり。特に昨年来、調子のよくない左膝がむくんでいる。こりゃ、福岡出張中の吐渓が帰ってきたら、整体してもらわなきゃいけないかも(泣)と思っていた。
そして2日目の今日、筋肉痛もむくみも治まっていた。膝も、以前より調子いいくらいで、もしかするとヨガ、関節の可動域を拡げてくれたのかもしれない。筋肉痛はつらいが、ちょっと続ける価値ありと見た。
f0207325_15292597.jpg

ひとりのご飯はついつい手抜き。麺類が多くなるのはそのせい。今回、発見したのは、昔から九州地方で人気だった棒状乾麺の中華麺、マルタイラーメンが冷やし中華にすこぶる向いていること。温かい汁そばにすると、博多ラーメンと同様、麺がのびるのが早いのが難点。休まず一気呵成に食べなければ麺がふやけて情けないことおびただしい。それが、冷やし麺にすると、ほどほどのコシがあってとても美味。今年の夏はこれだなあ。昼ビールを飲みながら楽しんだ。

某ブログで、日清食品に麺の小麦の産地を問い合わせたところ、かたくなに答えることを拒んだとのことで、それまで好きだったけれど日清食品の冷やし中華麺は買わないことにした。
高円寺駅近くのOKストアには、最近「お客様の西日本産のものを置いてほしいという要望にお応えしました」というコメント付きで九州産の大豆を使った豆腐や油揚げが置かれている。ちょっと遠いけれど、OKストアをマイ・フェイバリット・スーパーとすることに決定。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-05-14 15:33 | Comments(0)
f0207325_11362429.jpg例年、ゴールデンウイークの翌週の土日、新潟で山菜教室を開催していたが、昨年に続き、今年も中止した。地元の方の調べでは、汚染されていないとのことだが、人をご案内する責任を考えると、まだ踏み切れない。あとどれくらいたったら安心して野山を散策できるのだろうか。場所によっては、私が生きている間は無理なところだってあるだろう。とんでもない事故だったのだ。たとえ福島で起こらなかったとしても、いつかはどこかで起きた事故だった。

ゴールデンウイークは沼田の家で友人夫婦と過ごした。吐渓が日帰りで新潟へ行き、コゴミを採ってきてくれた。これが今年最初の山菜。山菜やキノコなど、山の幸をいただく楽しみが減ってしまったからこそ、少ない恵みで十分な幸せと感謝を感じる。
冷やし中華で、山盛りのコゴミや野菜をいただいた。
f0207325_11365635.jpg

「うわー、私、感激孤児!」
とK夫人。食べることは生きること。何度も何度も大病を患っては生還してきている彼女の喜びっぷりにこちらまで楽しくなる。下戸の吐渓をよそに、毎晩、K夫妻と酒盛りし、持っていったビールの500缶箱がきれいになくなって、買い足しにいったのには驚いた。それ以外にも焼酎やワイン、漢方酒などなど。もしも吐渓が酒が飲めていたら、私はとっくに病気になっていたかもしれないよ。つきあってくれる人がいる酒は楽し。
f0207325_11371943.jpg
山菜を採りにいけないかわりに、尾瀬の近くまで行って咲きはじめの水芭蕉を愛でてきた。湿地帯やせせらぎの中で、ポツンポツンとひと花、ひと花がたたずんでいる。そのひたむきな風情が愛らしかった。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-05-09 11:37 | Comments(0)
f0207325_14381387.jpg

昨日は吐渓と山へ行く予定だったのを変更して、自宅の外周りを清掃除染。斜め向かいの大きな桜の老木から落ちる花びらが、あらかた終了したので。落ちた直後の花びらはきれいだけど、すぐに茶色に変色し、時間と共に固まって掃除するのがやっかいになる。
f0207325_1440110.jpgマスク、手袋着用で吐渓とふたり、雑草を抜いたり、駐車場や玄関前を竹箒で掃いた後、デッキブラシで水洗い。その作業中、向かいの奥さんが出てきて「うちの木の落ち葉が迷惑かけてすみません」と恐縮するので「いえ、お宅の落ち葉じゃなくて桜ですから」と言うと、「そうですか~」と安心したように帰っていく。鼻歌を歌いながら。それから数分後、また彼女が出てきて同じことを繰り返す。それが3回続いたあたりでちょっとおかしいと思い始めた。6回も繰り返されて、それが確信に。
お向かいのご主人が数年前に倒れて体が不自由になって以来、それはそれは心労が続いたことだろう。どちらかというと線の細い、打たれ弱い、まさに箱入り娘がそのまま年を取ったような印象のご婦人である。いろんなことに耐えきれなくなったのだろう。それだけに、鼻歌の調子があまりに軽やかで楽しげで、せつない。

栃木県環境森林部の4月28・29日の調査によると、ゼンマイやタケノコ、タラノメなどから数百ベクレルのセシウムが検出されたが、コシアブラは2800ベクレルですと。なんじゃそりゃ、だな。新潟の仲間から、彼の地の山菜は「検出せず」とのメールがあり、俄然、行く気だったのに、ちょっと逡巡。やっかいな時代になったものだ。絶対に起きてはいけないことが起きてしまったのに、「今後は絶対に大丈夫」だなんて信じられるわけないだろ。
f0207325_14373840.jpg

最近、スーパーでよく見かける生のアルゼンチン海老がなかなかおいしい。レンジスチーマーに数分かけるだけで、ふっくらしっとり仕上がって、甘みもある濃厚な味。一山398円という値段もお手頃で、見かけると買ってしまう。殻をむくのが少々手間。昔の私にはとても耐えられない作業だが、辛抱強くなったのか、食いしん坊のほうが勝ってきたのか。
変化といえば、私の体が大きくなったと皆に言われるこの頃。「太った」ではなく「大きくなった」のだそうだ。まるで成長期の子供みたい。体重には変化なしなので、空手も10年やっていれば、体格も変わるということなのだろう。ごつくなった?
ちょっと複雑な思いもあるけれど、強くなったと思えばうれしい限り。でも、これ以上、大きくならなくていいからね。
f0207325_14414289.jpg

[PR]
by 4433yoshimi | 2012-05-01 14:42 | Comments(1)