ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鹿肉入りハンバーグ

f0207325_1646079.jpg
たまらなくハンバーグが食べたくなって、冷凍庫を物色。豚の切り落とし肉と鹿のロースとあばら肉の半端があったので、解凍してフードプロセッサーでガーッと粉砕。それに卵とタマネギ、糖質を排除するために大豆粉、ふすま粉を混ぜてこねた。味付けは獣肉の臭みを採るために塩粉ショーのほかに味噌、そして隠し味にカレー粉。さて、どんな味になったのやら。
食べてみると、ハンバーグのジャンクな感じのしない、優しい味。ところどころ鹿肉の筋なのか、かみ切れないものがある。「これを噛んでると出てくる味が好きだ」と吐渓。どうやら気に入った様子。私も普通のハンバーグじゃないから騙された感はなきにしもあらずだが、まずまず。添えもののはずのキャベツの千切りがたっぷりで、これがまたおいしくて、ハンバーグの方が添えられてる感じなのだった。
f0207325_1646164.jpg

三連休の中日は吐渓の発案で奥多摩の棒ノ折山へ。標高969mだからたいしたことないと思っていたら、これが急騰の連続でけっこうハード。バスから降りて山頂までは延々と急騰を登っては1時間半ほど。そこでしゃぶしゃぶ。牛肉1200gを4人で平らげ、といっても私と福島から参加のFさんはあまり食べず、ほとんど吐渓と空手の先輩のOさんのお腹の中に収まったのだった。私はワインを飲んでまったり。
下山は下りがメインだからと高をくくっていたが、これが大変なアップダウンの連続でいやはやなのだった。山は侮れないよ。里に着いたのは日も暮れた午後5時。ヘッドランプがなくては足元がおぼつかなかった。

週明けからはまた忙しくなる。今年も残すところあと1カ月。のんびりゆっくりな生き方にシフトしていきたいのだけれど、はてさて。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-11-25 16:47 | Comments(0)
f0207325_20104592.jpg
日に日に寒さが増していく。今月初めに北海道に行って寒さの洗礼を受けてきたせいか、それほどこたえてはいないけれど、風邪をひかないように、というのが最優先の今日この頃。
岐阜の釣り仲間から無農薬無肥料のミカンを送っていただいた。これが小粒でおいしいのなんの。体がその旨味をスイスイと吸い込んでいく感じ。風邪の時期を前に、こうしてせっせとミカンを食べてビタミンCを補給することが、風邪対策になるのだろう。自然の恵みを得て命をつないできた人間だもの、素直にその時期においしいものをいただくことが一番。
f0207325_20112497.jpg

明日は奥多摩の山歩き。山頂でしゃぶしゃぶをするので、吐渓と昼間、買い出しに行った。豚しゃぶの予定だったけれど、豪州産の牛がおいしそうだったので変更。参加者は4人なので、私は3パック1200gでいいのでは、と言ったのだが、吐渓は4パック1600gを頑なに主張。責任を持って食べてくれそうな勢いだったので4パック購入。まあ、肉を背負うのは吐渓だからどうってことないが。
最後のシメのインスタントラーメンは、その後に行ったスーパーで発見した韓国産コムタンラーメン。

夕食前に明日の装備とパッキングをすませ、夕食の用意をしながらしゃぶしゃぶのタレやおにぎりを作製。夕食後は焼酎のお湯割りを飲みながら忘れ物はなかったか、電車時間の確認など。
それにしても、今日のスーパーで見かけたアダムスファミリーみたいな母娘には度肝を抜かれた。ロングコートの長身痩躯の母娘は、ゴスロリファッションでまるでこの世とは違う次元で生きている人のようだった。明らかに見た目30歳くらいだけれど小学生みたいに「これ買ってえ」とおねだりしている娘さんに、微笑みながら「うちにいっぱいあるでしょう~」と歌うように微笑みながら聞き流しているお母様。
この世の中には本当にいろんな人がいろんな営みをしているのですねえ。幸せなら良し!

明日は棒ノ折山。はたして肉完食なるのでしょうか。
※赤ワイン1本、ザックに忍ばせました。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-11-23 20:11 | Comments(0)

一足お先に師走です

f0207325_1625679.jpg
本業が暇になったので先月から家の近くにパートに出始めたら、これが忙しいの何の。週に3日程度と思っていたが、北海道に帰省したりして休みが続くとそのしわ寄せがきたりして、新しいことを始めるって難儀だなあ。
介護の仕事は、77歳と89歳の両親を持つ私にとっては近い将来役に立つだろうと思って始めたが、いやはや、毎日が矢のように過ぎていく。家にいるとつい昼ビールを飲んだりしてまったりしてしまうので健康上はいいとはいえるが、時間のやりくりにはまだ慣れない。
特に来週は、本業の仕事の依頼が突然舞い込み、休む暇なし。毎日、5時半起きで弁当を作ってお出かけだ。今日は丸一日休みだったので、弁当の仕込みに味付けご飯や低糖質ココナツパンを作った。冷めたら冷凍だわさ。

先週は吐渓が福岡、私は北海道。実家に友人夫婦と滞在した。今年、ウルシにかぶれた時、実家近くの温泉がとてもよく効いたと話したら、顔のかゆみに悩まされている友人が是非、湯治に行きたいというわけで。実家からは車で約30分。5日間、毎日、温泉に入りに行った。別にほかになんにもしていないのにけっこう疲れたのには驚いた。温泉て体力を使うのだなあ。味噌ラーメンとホタテやカキなどの貝類、そして焼肉のおいしさに毎日が楽しかった。
f0207325_16392.jpg

帰京してからまた忙しい日々だ。日の暮れる早さや風の冷たさに驚きながら、身も心も冬支度に向かう。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-11-16 16:03 | Comments(0)