ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

幼子と母の情景

f0207325_10361728.jpg
土日だけ老人ホームで早番のお仕事を続けて1年半。先日、チームリーダーのHさんに「当初はすぐに辞めるだろうと思ってました」と打ち明けられた。何しろ、30年以上も編集の仕事を続けてきてまったくの畑違いだったので、そう思われても仕方ないだろう。ほぼ経験値ゼロだったしね。
うちの両親も吐渓の両親も元気で存命で、80代と90代。何かの折りには役立つだろうと思い、通信で一番簡単な資格をとったら、学校に仕事を紹介され、受けてみたら受かったものの、毎日できるわけもないので土日にだけなら、とダメ出しのように返事をしたら「それでもいいです」とのこと。よほど人手不足だったんだろう。
f0207325_1037285.jpg

夜が明ける前に家を出て、歩いて40分でホームに着く。本来はバス通勤なのだが、まだバスの始発前の時間なのだ。今頃の季節は歩いている間はずっと暗いままで、到着する頃に白み始める。4階の窓から、明けゆく空の群青色と紅色の攻防に見入ることしばし。そうして季節は徐々に移ろい、明るくなる時間が早くなったり遅くなったりして今日まできた。

先週の土日は、風邪をひいてホームをお休みした。冬はインフルエンザやノロウイルスがあるので感染防止対策が第一。私が行くのを楽しみにしている方もいるので、ちょっと後ろめたい。
昼間、おとなしく寝ていてふと、ある光景を思い出した。ホームの老人にカーデガンやセーターを着せかける際、彼らのほとんどが無意識にブラウスや下着の袖の端っこを反対の手で少し引っ張り、手のひらに握り込んで上着の中にたくし込まれないようにする。子供の頃から、母親に散々言い聞かされて育ったのだろう。老人が幼かった頃の母との情景をかいま見るようだ。それをなぞるように私は老女の腕に袖を通す。人間て、なんて愛しい生きものなんだろう。
30秒前、何を食べたかも思い出せない人が、上着を着せかけようとすると、キュッと袖の端を握るのである。そうした無意識の行為が感動的であるなあと思うこの頃。
f0207325_10371718.jpg

[PR]
by 4433yoshimi | 2014-12-17 10:38