ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

風邪が私の中を通りすぎていった

先週末、キノコ仲間のSさん宅で持ち寄り晩ご飯。うちが持参したのがジンギスカン(ラム)&モヤシ、手作りベーコン。Sさんちの奥さんが肉まんを作ると知って押しかけた私と吐渓。肉まんもおいしかったが、柿入りの白和え風サラダがものすごくおいしかった。味付けは京都からお取り寄せした白味噌とマヨネーズとのこと。
白味噌をいただいたので、家で早速作ってみた。ゴマと豆腐をすり鉢ですり、白味噌を加えてさらにすり(マヨネーズはカット)、その和え衣で柿とヒジキと茹でた春菊&インゲンを和える。柿がいい仕事をしてくれておいしいのなんの。
それにサーモンとタマネギのポン酢和えにおでん、というヘルシーメニュー。おいしさ満喫。
f0207325_14543512.jpg

そして月曜日、風邪気味。火曜日には、ありゃこれは本当に風邪だ、と確信し、空手の稽古で汗を流せば治るかも、と神田に稽古に出掛けた。そして水曜日、風邪は悪化。熱もあるので終日睡眠。
木曜日、まだちょっと微熱っぽいけれど、稽古で汗を流せば治るかも、と浅草へ稽古に。そして今日、全快。

治っても治らなくても空手やってる私、変だ。なんだかこの頃、空手を中心に人生が回っている感じ。これ以上のめり込まないように注意しよう。やりすぎると、それが足かせとなって息苦しくなり、すべてを投げ出したくなってしまうのがパターンだから。ほどほどにしておいたほうが、長く続けられる。プレッシャーに弱いくせに、強迫観念が強いのだ。そんな性格に、やっと折り合いをつけるコツがわかってきたような気がする。気がするだけかもしれないけれど。

先日、実家に電話したら両親の大喧嘩の最中だった。母はこのままではストレスで殺されると泣きわめいているし、父は買い物に行くと母はいつも売り場の男と親しげに話す、と怒っている。もうあんたら70代と80代なんだから、そろそろお互いに折り合いをつけて平和に暮らせよ、とこれまで言い続けてきたが、無理みたい。一生やっていなさい。喧嘩でしか愛情の確認ができない老夫婦なのだ。そんな相性も確かにあると思う。

昨日から吐渓が福岡に出張。こんな時、食事の支度はなるべく簡単にすませたいので、とりあえずキャベツとニンジンとベーコンと干しシイタケのスープを大量に作っておこうと作業していると、ローレルも入れようか、あ、そうだアミの塩辛と醤油漬けのニンニクもね、ダシを取った残りの昆布も切って入れて、顆粒の鶏ガラスープもいんじゃね、と圧力鍋に投入。できあがってみれば「なんじゃこれ!」だった。軽くショック。最後の手段と味噌で味を整え、結局、具だくさんの味噌汁に。過ぎたるは及ばざるがごとし。やっぱりシンプルが一番だと反省。
f0207325_145505.jpg

風邪が治ってやたら空腹な今朝、食べる気満々。レトルトの地鶏カレー&玄米ご飯&おでんの残り卵、味噌汁、タマネギとキュウリ入りポテトサラダのボリューム定食。プチプチした食感の玄米が、カレーに実に合うことを発見。

先月は頑張って働いたが、今月はやたらと暇。師走ながら、こんんなに不況感漂っていちゃ仕方ないかも。
先日、高円寺駅から10秒の中華料理屋で夕方、店頭で売っていた中華弁当の値段が300円! おかずは3種類ぐらい入っているし、ご飯だって普通に盛ってある。いやはや、すごい時代になったものだ。
[PR]
by 4433yoshimi | 2009-12-04 14:55