ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ラップ500mを2年で使い切りました

思うがままに生きること、それが一番大切だと確信した今日。所詮人間の見込みなどは浅はかな考え。流れのままに、今、この時の流れを、自分を信じて魚のように泳ぎ切っていくことが大事なのだと。
というか、私にはそれしかできなかった。

年末、「眉山亭」で顔見知りになった青年からソースをいただいた。広島のおたふくソースである。「お好み焼きはこのソースでなければ」と言い張る青年に、「食べてみなけれなわからないよ」と言うと、「じゃ、帰省した時に買ってきますよ」という会話があったのが秋。そして暮れも押し詰まった眉山亭に、青年は「どうだ!」という感じでおたふくソース2.1kgボトルを持ってきた。

北海道育ちの私だが、母は京都生まれの京都育ち。子供の頃から美味しいイカが魚屋に出回る頃、お好み焼きをおかずにご飯を食べたものだった。まあ、筋金入りのお好み焼きフリークなのである。
f0207325_18554927.jpg

広島のおたふくソースは、辛さ抑えめでちょっと甘めのとても優しい味のソースだった。これはこれで納得。
焼きそばの味の仕上げに使ってみたら、チャー麺のような味わいに。お好み焼きより、焼きそばのほうがいい仕事してくれたというのが感想。ご当地物は、味+歴史があるので、いちがいには語れないなあとしみじみ。

その後、2年前から使用していた業務用のラップ(なんと長さ500m)が遂に終了。いただいた時には、絶対に使い切れないと思っていたが、時が過ぎればやがて500mも尽きてしまうのだなあととしみじみ。日々の営みの重さを知る。てか私、そんなにラップ、使ったの!?

実はおたふくソース2.1kgにもかなりビビっている。無理だろうと思いつつも、いつか使い果たす日が来るんだろうな。
f0207325_18563749.jpg

人生は予測が付かない。思うがままに、生きるしかないし、そうしなければ後悔するだろう。
結果は後から付いてくる。
何よりも人を、愛を大切にしよう再確認したことがモロモロの日であった。
[PR]
by 4433yoshimi | 2010-01-03 18:56