ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

よしみさんと小人さん

数年前まで、うちには度々、小人が出没していた。この小人、支払期限今日までの振込書とか、吐渓が「おいあれどこやった」と突っ込んでくる何やかやとか、要するになくしてはいけない物を自分の棲み家に引っ張っていく困ったヤツなのである。
最初は冗談のつもりだったが、次第に本当に小人がいるような気持ちがしてきて、そのうち当たり前の存在になった。小人のせいなんだから仕方がない、と思うと逆上しようとする気持ちがストンと落ちつく。
その小人、ここのところめっきり出なくなったなあと思ったら、久し振りにやってきた。しかも、物を持っていくのではなく、持ってきてくれたのである。すごいよ、小人。

今朝、冷蔵庫を開けてみたら、豚もも肉30%引き、やらニラ、シメジ、おやおやモヤシまである。こりゃ肉野菜炒めを作れっちゅう指令なんだろか。

木曜日から吐渓は福岡に整体の出張で不在。なので休日をもてあましそうなのでネットでアバターを予約した。新宿ピカデリーで初めての3D映画の鑑賞だ。ストーリーには興味がなかったが、映像が楽しみだった。
ジムで疲れた体にピカデリーのフカフカの椅子が心地いい。こりゃ寝ちゃいそうだ、と思ったのだが、ドッコイ、最初から最後まで目が離せなかった。それは、観るというより、体験する、という新たな映画の世界だった。面白い、というよりも、おいしいものを食べて幸せ~という感覚に近い。遊ぶということのワクワク感最上級。
そう吐渓にメールをしたら、吐渓も空き時間があるので翌日、アバターを観に行くとのこと。
今日、終わった時間を見計らって電話をすると、
「うーん、ただのウォームービーだね」
って、それだけ? どうも感受性の構造が私とは違うらしい。私は流されやすいし、簡単に詐欺に引っかかるタイプだからね。でも、小説や映画は騙されたほうがお得。すぐに踊るタイプです、私。
f0207325_18285577.jpg

そんなもんかなあと思いつつ魚肉ソーセージを肴にビールを飲んだ後、小人さんの指令どおりに肉野菜炒めを作ってワインを飲み、シメめに肉豆腐の汁だけ残ってたのに長ネギたっぷりと玄米ご飯を投入してグツグツし、器に盛って沢庵を刻んだのと味付け海苔をちぎったのを乗せたのを食べながら、焼酎のお湯割り。
f0207325_1829161.jpg

昨夜は、アバターを観た後、高円寺駅で友人と落ち合って沖縄料理屋へ。海ブドウやチャンプルーを食べながら古酒を何杯か。思いがけずに友人のおごりで舞い上がった私は、次は私がおごるからと行きつけの居酒屋、眉山亭へ。そこでも何杯か飲んだのだろうが、よくは覚えていない。24時間営業のスーパーマーケットに行った記憶は、もちろんまったく無し。

いやはや、小人、恐るべし。失せ物は困るが、プレゼントは歓迎だ。しかし何故に肉野菜炒めだったのだろう。最近はほとんど作ったことのないメニューだ。しかし、下手な中華屋よりはおいしかった。サンクス小人。次の指令を待ってるよ。
f0207325_18305329.jpg

※岐阜在住の釣り仲間が送ってくださった小鮎の開き。極薄でカリッと焼いたら頭からパリパリ食べられる極上物。
[PR]
by 4433yoshimi | 2010-02-07 18:32