ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おみやの鮨の翌日の味

これを墓穴を掘ったというのだろうか。
「花粉に勝った!」
前回の日記でそう報告した直後、一気に花粉の逆襲を浴び、免疫力が低下したせいか、風邪も発症。38度超えの発熱で、こんなに熱が高くなるのは数年ぶりじゃなかろうか。いやはや、鼻のかみすぎで耳は痛いし、踏んだり蹴ったりである。たしかに、まだ花粉症になっていないうれしさに、うかれてはいた。でも、これはひどすぎるんじゃないかい、神様。
幸い週末だったのでゆっくり休むことができて、順調に回復。明日には仕事も空手の稽古もできそうだ。今、ここで無理をすれば、その後が辛くなりそうなので今日まで死んだふりをすることにした。
f0207325_138551.jpg

子供の頃、父がたまに鮨折りを土産に持って帰ることがあった。うれしくはあるのだが、いつも私が寝てからの帰宅なので、食べるのは翌朝になってしまう。当然、味は落ちる。それが悔しくて悔しくて、そういう時は、起こしてくれと母に頼むのだが、実際は起きられやしない。折りの底にへばりつく乾いた米粒が、悲しかった。

先週、吐渓が仕事帰りに鮨折りを持ち帰った時、そんな子供の頃の記憶がよみがえった。そして、妙に翌日の、ちょい乾いた鮨が懐かしくなったのである。
久しぶりに食べる翌日の鮨は、たしかに味は落ちているが、そうそう、こんなだったよなあ、と郷愁を誘われたのであった。
f0207325_1382346.jpg

今日は栃木県在住の山遊びの仲間から、イチゴを送っていただいた。スーパーで売っている「とちおとめ」と同じパックに入っているのだが、朝採りのせいか、味がとても濃い。先端の一番甘いところから食べようとしたら、吐渓が「イチゴはへたの方から食べるもんだ」という。たしかに、全体の味わいからいえばそのほうが均等化もしれない。けれど私はやはり先端から派。ひと口目の感動を味わいたいから。

やれやれ、今年も花粉症とは縁が切れないようだ。もう私のことは忘れてください、と言いたいのだけれど。
[PR]
by 4433yoshimi | 2011-02-28 13:08