ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

三峯山、そして韓国へ

f0207325_10523786.jpg
空手の合宿で秩父の三峯神社に1泊。稽古はもちろんだが、白眉は1時間ほどの登山道を下山しての滝浴びだ。10月なので少しは水が冷たいかと思ったが、源流域の水に比べると、まるでお風呂みたいな温かさ。頭から滝を浴びても、冷たいとは感じなかった。いや、ものすごい楽しかったさ。久々に川の水に浸かれたんだもの。
でも、ほかの皆さんが「冷たい」と震えていたので、私はすっかり沢人間になったってことだよなあ。そういえば、最初の2~3年は、いつも厚着をしていてみんなに「暑くないの?」と聞かれていたっけ。
登山道を下りながら、つい目がキノコを探してしまう。ほとんどが杉林なので、スギヒラタケくらい出ていそうなものだけど、皆無。杉林は暗い。でも、時々現れる雑木林の木漏れ日が美しく、心和ませてくれた。
滝浴びをしてから近くの観光ブドウ園でバーベキューをして25分間ブドウの食べ放題へ。子供達の目が輝いていること! やはり食べ物を収穫する喜びは、本能なんだね。
f0207325_1047127.jpg
明日からは88歳の父と76歳の母のお供で韓国へ。年は父のほうが上だが、体は母よりも丈夫。というか胃腸が弱いので一病息災というやつだ。未だにゴルフや雪かきをしているんだから、足腰が丈夫。そこだけはちょいと受け継いでいるかもしれない。
ただし、最近はホテルの食堂から部屋に帰れなくなってしまったり、と記憶力の低下が心配。物忘れ外来に連れて行ったら、医者に「年相応」だと言われてしまったのだが、家族としては悩ましいところである。
1週間近く留守にするので仕事のしわ寄せで今日までめいっぱい。というより、今日で終わらせられて本当にラッキーだった。まあ、そのつもりで予定を組んだのだけれど、アクシデントはいつも付き物だから。まあ、感謝だな。
f0207325_10473199.jpg
韓国へ行って何が楽しみかというと、マツタケ! この時期は市場で売っているそうだ。母に「マツタケが食べたい」と言ったら、「いいよ、いくらでも好きなだけ食べなさ」と太っ腹な母。
マツタケツアーもあるそうだが、お持ち帰りは1本だけらしいと聞いて断念。
先月、たまたま立ち寄ったスーパーでカナダ産の松茸が大ぶりの半分で1500円だったので思わず買ってしまった。素焼きにして食べたら、まあまあ香りもするし美味しかったが、物足りないことおびただしい。韓国での松茸食べ放題、本当に楽しみ。でも、お腹壊さないように気をつけなくちゃ。
そうそう、親父も私もコンニャクやキノコを食べ過ぎるとお腹壊すのだよ。
そんなとこ似なくて良かったのにね。
[PR]
by 4433yoshimi | 2011-10-04 10:52