ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

充実の週末、渋谷と群馬で

f0207325_14385690.jpg
昨日、吐渓が榛名山(群馬県)近くの岩場で、釣り師のためのクライミング講座を主催した。講師は私と吐渓が所属している山の会の会長であり、世界的山岳ガイドである長岡健一さん。
彼がまだガイドを目指す以前に源流のイワナ釣りの世界で知己を得ていたおかげで、通常は日本国内はおろかシャモニーやモンブランなどをガイドし、日本国内でたった11人しか以内という世界的なガイド資格を持っていらっしゃる日本ガイド会の屈指の実力者が、我々源流釣り師に格安で手ほどきをしてくださるという幸運に恵まれたわけだ。
ご自身が源流のイワナ釣りをしていた経験もあるので、我々がどのような技術や知識を求めているのかを良く理解されていて、非常に勉強になった。特に、笹や細い灌木程度しかない時のセルフビレーや懸垂下降の支点の取り方、最も事故が多いという懸垂下降時のダブルセーフティ技術、最先端の用具類の情報など、実践的で、かつ安全性を高めるために必要な様々なこと。
この日、初めてクライミングを経験した方も数人おり、クライミングとしては初歩中の初歩だったけれど、ビギナーにも、経験者にも有意義な1日だったと思う。
実際、みなさんとても喜んでくださったので、吐渓も開催した甲斐があったというものである。
ただ、1回教えていただいただけではすぐに忘れてしまいそうなので、忘れないうちにどこかでリピートレッスンしたいなあ。

●長岡健一さんのホームページ(ガイドインフォメーション)
http://www15.wind.ne.jp/~kenny/
f0207325_1438073.jpg

参加者は、前夜、沼田の我が家に集合して宴会。自家製の一夜漬けやキムチ、鶏鍋、万願寺唐辛子の煮浸し、厚揚げ焼き、明太子玄米おにぎりなどで歓待。楽しいひとときだったが、なんだか疲れてしまい、私は早々に寝室に退散させていただいた。
それというのも、午前中は映画を観るために渋谷へ。知人である女性監督の舞台挨拶のあと始まった映画は、コミカルなシーンあり、興味深い議論がありで、なかなか楽しめた。上映後のお茶会にも参加したかったが、沼田へ行く準備があったので帰宅し、その夜の宴会の料理の下ごしらえをして出発。なんとも忙しい一日だった。

●浜野佐知監督映画「百合子、ダスヴィダーニャ」(渋谷ユーロスペースでモーニング上映中)
http://yycompany.net/

クライミング講習の後、みんなで沼田の初穂の湯に行き、帰ろうとしたらS君のサンダルがない。彼が靴を置いた下駄箱の同じ場所には、同じメーカーで同じサイズの似たような、だがひどく汚れて臭気を発するひどいシロコモが置かれていたそうな。フロントに言うと、靴を引き取って代わりにホテルの室内用のビニールのスリッパをよこされたと呆然としている。彼はうちの車で高円寺に送り、そこからは電車で帰宅するのだ。そんなスリッパじゃ帰れやしない。
私は憤然とフロントに掛け合った。
「忘れ物の運動靴くらいあるでしょ。彼は電車で帰るんだから、スリッパじゃ帰れないよ。ちゃんとしたの探してきて!」
その温泉は、ゴルフ場に併設されたホテルの大浴場なのだ。一度は探したがなかったと言われたが、きっとあるはずだと粘ったら、ようやく某スポーツメーカーの白くてきれいな運動靴が出てきた。ちょっとサイズが大きいらしいが、帰るには十分だ。せっかく講習を受けにきたのに靴がなくなってしまうなんて悲しすぎる。せめて代わりの靴が見つかってほっとした。

今夜は浅草で空手の稽古。明日から忙しくなるので束の間、のんびりの昼下がりである。
[PR]
by 4433yoshimi | 2011-10-24 14:40