ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ウナギが高騰すれば儲かる人がいるんですね

この頃、出稼ぎ仕事が忙しく、消耗。昨年来仕事が激減してタケノコ生活、と思っていたところ、急に舞い込む仕事のあれこれ。といっても落ち穂拾いのごとく、その場限りの仕事ですが。その昔、食えない夫婦が子供ができると仕事が舞い込むという、まるで都市伝説のような話をよく聞いたものだが、風前のともしびの前の輝き!? だとしてもありがたい。そこそこ私だから、という部分があるのが救いでもある。
f0207325_22303927.jpg

ここ数日、せわしなかったのは仕事が忙しかったせいもあるが、実家の両親の夫婦ゲンカに巻き込まれていたせいでもある。88歳と76歳の壮絶な夫婦ゲンカ。昔はソファや包丁や冷蔵庫が飛び交ったものだが、最近はさすがに言葉の応酬。その辛辣なこと、人でなしなこと、半端ではない。死ぬの生きるの、殺すの殺されるの、まあほぼ子供のケンカである。携帯電話の家族割りで通話無料なので毎日、電話することにしているのだが、いやはやまいった。自分が正しいと思い込んでいる同士なので、譲歩は絶無。よくもこれまで夫婦であり続けたものだと、その執着心にあきれるばかり。
吐渓は、両親がケンカしているのを見たことがないとのこと。うらやましい限りである。

仲良きことは美しきかな。
f0207325_22311181.jpg
明日は隅田川の花火大会。空手の道場の先輩のお宅に伺って鑑賞させていただく。差し入れのキンパブ(韓国海苔巻き)を朝から作る予定。料理に関しては、その時の思いつきオンリーの私なので、どんなキンパブになるかはできてみるまではわからない。例年はウナギを入れることにしているが、今年は高騰しているのでパス。
午後3時、遅めの昼飯に入った半蔵門駅近くのそば屋で、女将さんと同年代の女性の常連客との話を小耳に挟んだ。
女将「××さん、ウナギの稚魚を高くなる前に大量に仕入れたから、今年は何にもしないで大儲けだってよ」
客「その時期は、ずーっと電話にかじりついてるらしいわね。うらやましいー!」

どうやらウナギも投機の対象になってしまったようだ。我が家の会計士のkちゃんは「関東じゃご馳走っていえば寿司よりもウナギよ」と言っていたが、いやはや、もうしばらくウナギは食べられないかも。
実は私はアナゴのほうが好きなのだが、東京湾のアナゴは各河川から流れ込む放射能に汚染されているので食べられそうもない。いやはや、何ともな時代なことよ。
[PR]
by 4433yoshimi | 2012-07-27 22:32