ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハモのバタームニエル最高でした

目新しい食材は楽しい。山口県から贈っていただいたハモ、湯引きと天ぷら、煮付けにしたが、まだ残っている。沼田の家にも持ち込み、続いて探求。
f0207325_13545194.jpg

実はその数日前に、熊本県から豆腐と油揚げを取り寄せた。スーパーで流通している豆腐の原料はほとんどが海外の遺伝子組み換え大豆と知り、熊本の大豆で熊本で作ったものを食べてみたいと思ったのだ。いやはやこれが、かなりワイルド。豆腐も堅めで、重いし、味が濃厚。私はどちらかというとふんわりと柔らかい豆腐が好きなので、好みのタイプとは違うけれど、これはこれでいいのだろう。油揚げもこちらの厚揚げと見まごうほどの厚み。どうしてもいなり寿司が食べたかったので、強引に厚い三角揚げの油揚げで作ってみた。
やっぱりこれは失敗だよなあ。私としては食べたかったいなり寿司が食べられたので納得はいくが、吐渓は、果てしなく??????だったようだ。まあ、食文化というのは、同じ日本であっても九州と関東ではかなり違うということか。
f0207325_13551659.jpg

さて、ハモである。今回、調理した中で一番のヒットはバタームニエル。これは素晴らしくおいしかった。骨切りされた細かな骨も気にならないし、バターの風味で身もコクが増しておいしいのなんの。フライにしてもかなりいけるだろう。どちらにせよ、ハモは洋風料理が似合うと激しく納得。一緒にいただいた舌平目が、意外なことに和風の煮付けがおいしかったように、食材は作ってみなければ、食べてみなければわからない。
f0207325_13554591.jpg

取り寄せた送料無料油揚げ豆腐があまったので冷凍に。木綿豆腐は、凍らせると高野豆腐のように煮物にするといいらしい。最後の残りのハモと一緒に韓国風にニンニクたっぷり、コチジャンと一緒に煮てみたら、いやはや、いいじゃないの。酒の肴に最高。ご飯のおかずだったらもっと濃い味にするけれど、私としてはこのくらいがジャスト。京都出身の母、いうところの凍らせ豆腐に煮汁がしゅんでるところがたまらなくいい。

それにしてもまたどうしてこんなに暑さがぶり返したのか。9月の渓の予定と台風の進路を見比べる今日この頃。
[PR]
by 4433yoshimi | 2013-09-02 13:55