ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ひたひたと秋が

f0207325_14571858.jpgそれほど激しく空腹でなく、ゆったり食事をしたい時に行くのが中野の鍋屋横町のそば屋「まつや」。もう80歳過ぎとおぼしき白髪痩躯の店主が、吐渓が行くと、おしゃべりをしにフロアに出てきてくださる。そのたたずまいがなんともいい風情だ。まっとうな職人さんらしさといい、上品さといい、しかも人情味にあふれている。思わず苦手ながらも日本酒を飲みたくなるってもんさ。

ゆるゆる、酒を飲みながら鴨焼き(これがまた絶品)を食べていると、向かいのマンションに住むひとり暮らしののおばあさまが来店。頭も目も体もしゃんとしているけれど、さすがにご飯を作るのはおっくうらしく、まつやで食べることが多いらしい。その日は、お店の人と「おそばもいいけどご飯にしようか」とか「それだと食べきれないから」とか話しながらようやく決定して、親子丼をお持ち帰りに。そうして日々、会話をしたり体をいたわってもらったりすることが、ご飯を食べる以上に大事なんだろうな。

その日は台風が上陸した日。おばあさんは、まつやが営業するかどうかマンションの窓から見て待ちかねていたそうな。

翌日である昨日、明石の魚棚の近くに住む従姉が送ってくれたはせ蒲鉾店の天ぷら各種到来。ここの天ぷら
は、瀬戸内海の魚を使用していて、いかにも関西らしいちょいと柔らかめのサツマ揚げなのである。本来は、さっとあぶって生姜のすったのを薬味にして食べるのが王道。
私は夕刻、仕事から空手の稽古に向かう地下鉄の乗り換えが三越前だったので、久しぶりに三越本店に寄ってみた。ここは何年か前、デパートの祭事のバイトをしていた時に、数週間、働いたことがある。驚いたのは、社員食堂の充実ぶり。ちゃんとした寿司職人のおじいさんが握る寿司あり、打ち立てのそばあり、で他の数多のデパートとは格もプライドもハンパではなかった。社員同士が使う符丁も、歴史を感じさせるものだった。
f0207325_14561293.jpg

さて、放射能汚染された魚も野菜も避けたい私としては、スーパーやデパートではかなり吟味して買うほうなのだが、ここ、三越本店の商品の充実ぶりに圧倒された。しかも、ものがいいことおびただしい。魚は若狭湾の干物コーナーであるとか、いやはや、なんともはや、素晴らしいのひと言。さぞかし食料品コーナーのマネジャーは凄腕の方なのだろう。新宿三越とは全然違うよ。
といっても値段はそこそこなので、厳選して買うことにした。とりあえず大根。ここのところおいしい大根に巡り会ったことがないので、清水に舞台から飛び降りた気持ちで480円の北海道大根を購入。でも、ものすごく大きいんだよ。通常の大根の3本分くらいある立派な瑞々しい大根で、私は無理矢理空手着の入ったリュックに押し込んだのさ。いやー、重かったのなんの。
稽古が終わって帰宅し、大根おろしに従姉が天ぷらに同梱してくれたちりめんじゃこをバサッと振りかけて食べたら、ものすごくおいしくてめまいがした。チリメンもおいしいけれど、こんなおいしい大根、初めてかもしれない。

というわけで、今日、私はこの秋初めてのおでんを作製。なにしろおいしい大根と天ぷらがあるんだもの、それっきゃないだろ。コンニャクとゆで卵も。
ネットで練り物屋さんの“おいしいおでんを作るコツ”まで調べて作りました。
いやー、やっぱりものすごくおいしい大根だった。この大根が食べたくて、私よはまた三越に行っちゃうだろうと思う、この秋。
[PR]
by 4433yoshimi | 2013-09-19 14:59