ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おいしい蕎麦を食べてきました

f0207325_14385997.jpg
赤信号、みんなで渡れば怖くない。

その昔、ビートたけしがギャクとして広めたけれど、この頃はリアルな現実に。放射能、農薬、遺伝子組み換え、食品添加物、水銀、その他さまざまな危険な食べ物があふれている市場で、どこまでを許し、どこまでを拒否するのか。選択するのは個々人の裁量だ。みんな食べているんだから、と気にしないで買う人もあるだろうし、日本から脱出する人もいる。
さて、自分はどのレベルなのだろうか。真ん中からかなり用心深いタイプだと思う。去年までは北海道産のサンマを許容していたが、今年は断念。赤信号は渡りたくないよ、たとえ好きな人から誘われても。
それはたぶんアトピーだのアレルギーだの腰痛だの、けっこう長い間苦しんできて、吐渓のアドバイスの元、体質改善してきた私のセンサーだ。ようやく日々、健康に過ごせるようになった喜びは大切に守らなくては。

f0207325_14394258.jpg今年の春から仕事を土日に組み込み、平日を遊ぶことに転換中。先週は群馬の家に行き、尾瀬や水上の紅葉をチェックしてきた。途中、片品村の「無もん」でそばをいただいた。数年前訪れた時は観光シーズンで行列。少し並んで頂いたが、あまり感心できるそばではなかった。
それが今回、伺ったら、旨さに陶然。とてもおいしい田舎そばだった。最初、量が少ないかな、と思うんだけど、かみしめて食べてると不思議と満腹感で満たされるんだよね。客も少なく、帰る頃には店主の方があいさつにきてくださり、挨拶を交わし、再訪を約束した。

●無もん
http://www.soba-mumon.jp/
f0207325_14401066.jpg

もう10月だってのに30度近いってどうかしてるよ、地球も。
午前中、兵庫県の従姉が送ってくれた大量の野菜を漬け物にしたり煮たり、冷凍したり、ありがたいけれど、この時ばかりは溜息が出る。でも、確かな出所の野菜を確かな調味料で自分が調理することの安堵感と喜びが凌駕するのである。
タバコは止めたけれど、酒はまだこよなく愛している。これも分量なのだとは思うけれど、なかなか定量以下には出来ない性分ですね。
[PR]
by 4433yoshimi | 2013-10-07 14:40