ご飯・空手・渓の日記


by 4433yoshimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

猫の親分参上

ふとベランダを見ると、隣家の塀の上に猫が寝そべっている。どんな子かそうっと覗いてみると、デカイ! ものすごく大きな猫だった。通常の猫の概念を超えている。2階の吐渓を呼ぶと、ガラス戸を開けて猫に声かけた。
「どうした、おい猫」
すると猫はかったるそうに半開きの眼でこちらを向き、何事もなかったかのようにまたうたた寝。どうやら猫も大型になるとちょっとやそっとじゃ動じない腹のすわった猫になるのだろうか。再び吐渓が声をかけると「うるさいなあ」とばかりにこちらに顔を向け、またもやプイと無視して寝始めた。人間だったら相当の強者である。そっとしておいてやろうと戸を閉めた。
f0207325_16415142.jpg

我が家の反対側の道路をはさんだお向かいでは、現在、家の解体中である。10年近く前に建てたばかりだったが、60代のご夫婦が相次いで病に倒れたり、認知症になられたりしてここ5年ほどは住む人がなかった。たまにお嬢さんが家の中に風を通しにいらしていたが、もしかするとどちらかが亡くなったのだろうか。我が家と違って、敷地も建坪も大きく、家の造りも立派でお金がかかっていて中古の住宅として十分に売れそうなものなのに、あっけないというか、もったいないことだ。気になるのは庭木の今後。廃材を運び出すためのスペースや搬送口の木はチェンソーで切られてしまった。毎年、眼福をいただいているハナミズキの木がどうなるのか、私は気が気でないのである。どうか来年も楚々とした白い花を愛でることができますように。

今日は吐渓と久しぶりにジムに行ってきた。ほぼ終了して体組成計なるものがあったので、計測してみた。昔は110kg超えだった吐渓の体重が、91kg代に。驚いたのは基礎代謝量である。現在の身体を維持するための必要最低限のカロリーだそうだが、私は1103カロリーであるのに、吐渓はなんと1976カロリー。私の倍近くも必要なんですか? 運動したりすればさらにカロリーを消費するわけで、いやはや、重かった頃はどんだけ食べていたのかと溜息。現在では私より少し多いくらい、もしくは同じくらいしか食べていないから体重が減ったのも当たり前である。それでもデータとしては肥満。これもひとつの数字のマジックのような気がする。吐渓の「だからもっと食べていいんだよ」的な、どや顔の暗黙の要求は無視したのは当然である。
f0207325_16425655.jpg

もう風は秋の気配。仲間たちのキノコ便りを聞くたびに心穏やかならぬ今日のこの頃。
[PR]
by 4433yoshimi | 2014-09-16 16:42